水虫の季節には抗真菌薬による治療が肝心

毎年、梅雨のじめじめとした季節になると、とたんに水虫が再発して、あまりのかゆみのためにゆううつになるという人々も多いものです。
この水虫というのは、白癬菌とよばれる真菌、すなわちカビの一種が皮膚に寄生したために起こる病気であるといえます。
白癬菌というのは、実際のところはいつの季節でも存在しているものですが、繁殖に適した温度や湿度というものがあって、冬場のような季節には、存在していても活動が低調で、いわば休眠しているような状態となっています。
ところが、梅雨の季節のように、湿度が高く、ほどよい温度が与えられた環境になると、にわかに活動が活発化してくるのです。
水虫にはさまざまなタイプがあり、たとえば足の指のすき間の皮膚がめくれてしまうようなタイプが数としては多いものの、水ぶくれができてじゅくじゅくした感じになるもの、爪が変色して硬くなってしまうものなどもあります。
こうした水虫の治療にあたっては、民間療法のようなものもありますが、基本は病院で診てもらった上で、抗真菌薬とよばれる医薬品を投与することになります。
抗真菌薬は、塗り薬タイプのものと、飲み薬タイプのものの両方がありますが、どちらも真菌の繁殖を抑制することによって治療効果を発揮します。
ただし、白癬菌が感染している場所というのは、皮膚の角質層のように、人体のなかでもかなり有効成分が届きにくい特徴のあるところですので、一般的な感染症のように、抗真菌薬さえ投与していれば数日で治療できるといったものではありません。
完治するまでにはかなりの長い期間にわたって抗真菌薬を患部に塗るなどのことをしなければなりませんので、根気が要るというのはたしかです。