水泡タイプの水虫が発症しやすい時期、抗真菌薬で治療

足の裏に小さな水泡ができている場合、水虫を引き起こしている可能性があります。
水虫と言えば皮膚がジュクジュクとただれたり、むけるというイメージがありますが、中には水泡ができるタイプもあるのです。
このようなタイプは、小水疱型と言われており赤みを帯びた小さな水泡が、足の土踏まずや側面部分に発症しやすいのが特徴です。

このタイプの水虫は梅雨や夏場など、湿度が高くなる時期に発症しやすいと言われています。
水虫を引き起こす「白癬菌」と言うカビの1種は、湿度の高い場所を好む為、夏場の時期に活発となった白癬菌に感染しやすくなるのです。
もちろん、夏場だけでなく感染しやすい環境が整えば、冬場の時期にも水虫となるケースも少なくありません。
ですが、小水疱型の場合はやはり夏場に患者数が増えるようです。

小水疱型は小さな水泡ができるだけでなく、かなり強い痒みを伴います。
我慢できず搔き毟ってしまい、より皮膚の環境を悪化させてしまうのです。
ですので、水疱に気が付いたら皮膚科を受診しましょう。

ドラッグストアにも水虫薬は販売されていますが、医療機関の抗真菌薬の効果にはかないません。
また、水虫でなかった場合、症状を悪化させてしまうケースがあるので、白癬菌に感染しているかどうか、まずはチェックしてみましょう。
抗真菌薬には白癬菌をはじめとする真菌の、細胞膜に作用する成分が含まれています。
再合成を阻止する作用がある為、抗真菌薬で治療すれば白癬菌を死滅させる事が可能です。

最近の水虫薬は角質層に長く留まるよう、作られている事から1日1回、患部に塗るだけで十分に効果を発揮します。
皮膚への刺激が少ないタイプも多いので、安心して治療を受けられます。