アトピー持ちの人はラミシール使用できる?

アトピー性皮膚炎を抱えていると、そのほかの肌トラブルの対処も行わなければならないことがあります。
その中のひとつに、真菌が原因の疾患があります。
真菌はカビの仲間のことで、様々な疾患を引き起こします。
アトピーの人は肌が弱い人がほとんどで、症状の重い方は外用のステロイド剤を使います。

ステロイド剤はアトピーに対してよく効きますが、皮膚の免疫能力を落としてしまうので、真菌に感染しやすくなってしまいます。
かゆいと思ってステロイド剤を塗布しても、治りがよくない場合、真菌が悪さをしている可能性があります。
そんなときに使われるのがラミシールです。

アトピーの人でも使用することができる薬です。
ラミシールはテルビナフィンという成分が入っているアリルアミン系の抗真菌剤です。
強い抗真菌作用と、幅広い抗真菌スペクトラムを持つため、様々な真菌による疾患に適応です。

ラミシールは、内服薬、クリーム、ローション、スプレーがあり、医師の処方のほか、一般の薬局でも販売されています。
アトピーの人がかかりやすい真菌の疾患にカンジダがあります。

カンジダは主に性器に出現します。
体力の低下、ストレス、睡眠不足、抗生物質の服用などで簡単に引き起こされてしまいます。
カンジダ膣炎が有名ですが、男性器にも起こります。
アトピーの人はひどいかゆみや、かいてしまうことによって起こる傷の痛みや肌のほてりなどで、生活習慣が乱れ、強いストレスを感じたり、睡眠不足に陥ることもしばしばあります。

そもそも肌が弱いために、カンジダ症状が出やすい人が多くいます。
性器に症状が出たら、早急に医療機関を受診しましょう。
カンジダのかゆみはラミシールですぐに良くなることがほとんどです。

副作用はほとんどありませんが、塗布後にかえって症状が悪化した場合は、医師の診察を再度受けるようにしましょう。